Menu

桐嶋ノドカ

桐嶋ノドカ

1991年生まれ 横浜出身のシンガーソングライター。
3歳からピアノを始め、聖歌隊、合唱部と物心ついたときから歌と共に生きてきた彼女は、2012年に音楽プロデューサー小林武史との出会いにより楽曲制作をスタート。
昨年夏にはデビュー前にもかかわらず、テレビ東京のドラマ「ラスト・ドクター」の主題歌に「Wahの歌」が起用され話題に。CDリリースを一切しないままライブ活動を続けてきたが、3年という時間をかけてついに2015年7月29日、ミニアルバム「round voice」でA-sketchよりメジャーデビュー。デビュー作には椎名林檎や東京事変などの楽曲を多数手がけてきた井上うに氏がレコーディングエンジニアとして全曲参加し、彼女に対し「一耳惚れなどほとんどしないのだが、桐嶋ノドカの声にやられた。」と、ルックスから想像のつかないパワフルさと透明感を併せ持つ歌声を絶賛している。 独自の世界観をもつ稀有な存在として、今後の活躍が期待される新世代のアーティスト。